Redscape

いろいろ浮気しつつも結局子安さんが好きなんです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウツムクナ! ナカマ タチ

テスト(どうでもいい)とプレゼン(超重要)のため1週間ほど消失しておりました(笑)
とりあえず書いてなかった地球17話の感想から。18話放送後なんでそうとうテンション下がってるので基本的に(また)台詞中心で。18話は明日分に上げれればいいなぁなんて。まぁ・・・そんなこといって実行されたことはほとんどないんだけど(笑)今いろいろ書きたくてためてるものあるから頑張ろう。

【地球へ・・・#17 永遠と陽炎と】
「我々にとっての勝利は多くの仲間が生き残ることだ(ブルー)」
「犠牲をはらうことを怖れるな(キース)」

対になる2人の台詞。思えばナスカ編ってこういうの多いな。13話のジョミーとキースの似ている・知っているだったり、14話の「お前は誰だ」といい。今回のはミュウと人類と対比させてるのがいいな。自分を犠牲にしたブルー。仲間を犠牲にしようとした(それと多分自分も犠牲にできたのであろう)キース。

「ジョミー。君があのとき生きろと言ってくれた。だから僕は今日まで生きながらえたんだ(ブルー)」
ジョミーが願ったからこそ、寝たきりではあったが生きて来れたのだね。ここで入る4話の回想がちょっと泣ける。

「俺たちを乗せれる数の船は残ってないだろ。お前はさっさと戻れ、リオ。俺たちはココで生きると決めたんだ(ハロルド)」
若者側にはあまりいいイメージ持ってなかったのだけど、いいとこあるじゃねぇかよ、と。

「彼らのことは僕がなんとかする。今は自分が生き延びることだけを考えろ(ジョミー)」
おおソルジャーだ!なんて(笑)

「さようなら。ジョミー(キム)」
ここの回想がめっちゃ泣ける。つかサブなのに持ち上げすぎだろ、スタッフw

「まったく驚きだな。ここまで生身でやってくるとは。まさしく化け物だ(キース)」
「これは戦争ではない。これは虐殺だ。キース・アニアン。奴こそ化け物だ(グレイブ)」

前者はキースのブルーに対する台詞。ここらのキースが迫力あってかっこよぎるww
後者のグレイブの台詞は、なんかいきなりグレイブ良い人?発言なのだが、とりあえず人間側からみてもキースは化け物だ、異端だと言いたい・・・ということでいいんだよな。

「こんなに美味かったんじゃな・・・ハロルド(ゼル)」
ジジイ泣かせてくれるじゃねーか!もうこれは、いいね・・・。キムと同じくサブキャラ持ち上げすぎだろw とつっこみたいが、普通に良いのでスルーしておこう(笑)

「戻ろう、アルテメシアへ。そして、地球へ・・・(ジョミー)」
曲といい台詞といいナスカ編の終わりを、そして始まりを感じさせてくれるいいシーン。つかジョミーから「地球へ」って台詞が出るのって初めてだよな?そんなとこを含めてもいい。

・「来たか」のときの嬉しそうな顔w
・グレイブ完全に傍観者な件

テラFesでの「17話を見たらもっと嫌いになるかもよ」発言を聞いてたんで、そんなひでぇのかキースと思いながら見ていたのだが。まぁ犠牲の件はちょいひでぇと思ったけど、いやむしろかっこよすぎだろキースv と(私の子安補正はすさまじすぎる)「どうした!亀の様にうずくまっていてはメギドは止められんぞ!」の迫力とか素敵すぎる。
そしてブルーの最期。死ぬことはもちろん知っていたけれど、メギド止めるために自分が犠牲になるとは。あれが良かったのかどうかは原作未読だし、私なんかよりもっといい考察できる人(っていうかお前考察なんてまったくしてねぇだろ)いるんで任せるとして。なんかキムやハロルドの最期と比べて、あっけなかったなという印象。その後ジョミーがいきなりソルジャーらしくなったりとかそういう描写はあったけど、悲しんでる描写が直接入ってるのがハーレイだけとは・・・。まぁ悲しんでる場合じゃないし、ブルーとしてももうジョミーに託してあるんだから変な話安心して逝けるというか、悲しんでてもブルーは喜ばないっつーか(笑)でも・・・なんだろ、キムは直前に回想が入ったのに対して、ブルーはAパートのジョミーにナスチル託してメギドに向かうときに回想が入って、想いをもう伝えてしまってたからなのかな。事実、名シーンランキングもそこのシーンだったしね。
本編ではブルーの死っていうのがあんまり感じられなかったけど、EDでキタね!(笑)シロエ追憶EDがあったんだからもちろんあるだろうと思ってたけど。ああいう演出いいんだよなー。泣かせてくれる(泣いてはないが←笑)
関連記事

 アニメ,アニメ感想,地球へ…,

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。