Redscape

いろいろ浮気しつつも結局子安さんが好きなんです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒り、憎しみ、茨道

ずっと書こう書こう思って書けてなかった喧嘩番長6

喧嘩番長シリーズも、スパチュン作品も初めてなんだけど、すごく面白かった。
キャラがみんな個性的だし、ストーリーも王道でアツいし。
最初クズだった主人公が、出会いを重ねて成長していって、やがて番長となり、学校を、仲間を守るために戦う…。
古きよき王道というか。ベタだけど間違いないカンジ。

メイン勢がめっちゃジョジョのキャスト陣ってことで話題になってたけど、
それだけじゃなくて、
片桐先輩から主人公に、世代を跨いで因縁を受け継ぐみたいなところとかもちょっとジョジョっぽいなと思ってやってた。
声は逆だけどw
でも因縁の相手(=ラスボス)がどっちも子安さんっていうね!

その御堂さん。辰哉。
すっごくツボなキャラでした。
大人に対する怒りと、道を違った(自分の元を去った)龍治にたぶん囚われ続けてて、ひたすらに茨の道を突き進んでて…、愛を知らなくてお金しか信用してなくて。
……手を差し伸べてあげたいって言うとものすごくおこがましいけど、なんかそんなカンジ。
なんていうか…「弱さ」があるキャラ…?がすごく好きなのです。
高杉とかギジリあたりと似てるかもしれない。
怒りや憎しみが行動の原動力で、カリスマ性があって組織率いてて、何か囚われているものがあるっていうのとか…。
うん……すごく、好き。

てゆうか……なんか、辰哉に入れ込みすぎて、龍治がちょっとうらめしいなんて思っちゃうんだよね(~o~;)
たぶん父親的存在だった「片桐真」っていう人と、弟の存在。
龍治にはそれがあったけど、辰哉は本当に一人で、龍治しかいなかっただろうに、その龍治が離れていって…っていうのが、なんかちょっとやるせない。
散々説得したりしたのかもしれないけど…、少なくとも最終的には龍治が一方的に離れたみたいな別れ方だったし、詳しく描かれてないからわからない。
辰哉と龍治の過去、気になるんで何かしら出してくれたら嬉しいなあ。
2人だけに限らず、魅力的なキャラ個性的なキャラ沢山いて消化不良のところもあるし未回収のネタもあるし…外伝とかコミカライズとかノベライズとか、是非!
乙女とか別にいいから6の外伝を…!(おい
もしくは6キャラと恋愛できる乙女ゲください←

キャラも良かったし、ストーリーも荒削りな部分はあったけどよかったし、…あ、もちろんゲーム的にも楽しかったし、本当、面白かったです!!
まだいろいろやりこみ要素残してるんで、もっとやりたいなあ。
関連記事

 ゲーム,喧嘩番長6,キャラ萌え語り,

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。