Redscape

いろいろ浮気しつつも結局子安さんが好きなんです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南の島で楽しいバカンス

劇場版ムーミン 南の島で楽しいバカンス

ちょっと前になっちゃったけど、劇場版ムーミンみてきました!

話の筋としては、ムーミン一家がリビエラに行って、高貴な人と間違えられロイヤルスイートに通され、そこからいろんな騒動が…、みたいな感じ。

なんで高貴な人と間違えられたのかとか、疑問点は多いけど、ムーミンにおいてそんなことはどうでもよくって。
とにかく、あの空気。
まったりしてて、ときどきクスッと笑えて、っていうのがああムーミンだなあって思えて、見てて幸せになる。

なにより、キャスト陣が楽しいムーミン一家から変わってなくって、23年ぶり(!)らしいんだけど、みんな全然イメージ変わってなくって。
高山さんのムーミンも、明夫さんのムーミンパパも、谷さんのムーミンママも、かないさんのフローレンも、佐久間さんのミイも、小林優子さんのミムラも、そして子安さんのスナフキンも。
ほんとにみんなそのまんま。
声っていうよりも演技…要は喋りだとか間とかなのかな。
ムーミンファミリーが帰ってきた、っていう感覚。
帰ってきたっていうか、あまりにも染み付いてて、あまりにもそのまんまで。
もう当たり前にそこにいる存在、なんだけど、実際みんな揃うのは23年ぶりっていうのがすごく不思議。
…パンフのインタビューで子安さんも言ってたんだけど、20年経って全員が一線で仕事してて、同じキャストで揃ってできるっていうのは、本当すごいことだと思うのです。
スニフがいなかったのは残念なんだけど…。中尾さんのスニフも聞きたかったなあ。

番宣とかでも結構見てたけど、絵の感じもすごくかわいくてきれいであたたかいし、なにより色彩がすごくイイ。
場面場面によって、黄色っぽかったり緑っぽかったり…、たしかキャラクターの心情に合わせてるっていう話を聞いたんだけど、たしかにリビエラの場面は全体的に黄色っぽくってワクワクしてる感じが伝わってくるし、ムーミン谷のシーンは全体的に緑ですごく落ち着く。
パンフレットにいろいろ場面写真(…写真?)載ってるけど、全部が一枚絵として成り立ってるんだよね。ポストカードも買ってきちゃいました。

今回、ムーミン谷の話にしなかったのは、ムーミンたちをがどれだけ世間からずれているかっていうのを描くことで、ムーミンたちのキャラクター性を表現したかった、とのこと。
むしろ、あんなのんびりしてるのはムーミン谷の人たちだけで、外の人はわりと普通なんだっていうのが逆に驚きなんだけど。
…流石にこれは私の方が無知なだけかな…?
もっというと、そもそもあの世界観にお金っていう概念があったのも驚きなのです(;´∀`)

感想というと、
ほっこりする。クスっと笑える。
まじめに考えるといろいろおかしいw ツッコミどころ満載。
そしてなによりシュール。

公開前から話題になっていたけど、
ビキニを着たフローレンにムーミンが
「それじゃあまるで、何も着てないみたいじゃないか!」
っていうところはやっぱりちょっとニヤッとしちゃったw

印象的な台詞っていうと、ソレもなんだけど、ムーミンパパの
「平和に暮らし、イモを育て、夢を見るのが一番」
って台詞がいいなあって。
ムーミンの世界観を象徴してると思うし、そういう風に暮らせたらどんなに幸せだろう、って。

スナフキンの出番がちょっとだけだったのは寂しかったなあ。
一緒にリビエラ行かないって時点でわかってはいたんだけど。
それでも結構おいしくはあったかな。
帰ってきたムーミンを迎えるシーン、確かに飯三杯いけるわコレ(大真面目
あくびも可愛かった。 つうか一番最初の台詞(台詞なのかこれ?)がスナフキンなんだよねw
どうやら原作だとこの話スナフキンまったく出てこないみたくって、でもやっぱりスナフキン人気だからってことで出すことにしたらしい。
ありがとう……ほんとうありがとう(感涙

パンフレットにはメインキャストのインタビューがそれぞれ1ページずつのっててもちろん子安さんもあるんだけど、本当に本当に大切なキャラなんだなあっていうのが伝わってきて。
「100のキャラより1のスナフキン」
この言葉に尽きると思う。
私も、子安さんのスナフキンをこうやってまた聞くことが出来てとても嬉しいです(・∀・)

なんか行ったり来たりでズラズラ長い感想になっちゃったけど、
海外製とはいえ久しぶりにムーミンの新作が見れて、またあのキャストでみれてとても嬉しかったです。
これに尽きる。
またこういう機会があれば…今度はスニフも入れて、再会できればまた嬉しいです。
関連記事

 アニメ感想,子安,ムーミン,

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。