Redscape

いろいろ浮気しつつも結局子安さんが好きなんです

気持ち

JOJO raDIO 特別版 ~継承〜
一回限りだけどまたやるって聞いて、とっても楽しみにしてましたJOJOraDIO!
ゲストはもちろん、承太郎役、小野Dこと小野大輔。
本当にジョジョ大好き!っていう思いがビンビン伝わってきました。

作品的なプレッシャー、キャラ的なプレッシャーももちろんだけど、それ以上に自分が好きだから、この役ができるんだろうかっていうプレッシャーが半端なかったそう。
それで子安に相談したみたいなんだけど、帰ってきた答えが
「役にがっかりされないようにしなよ。中途半端なことやったら、ファンの人もそうだし、自分もそうかもしれないけど、承太郎に申し訳ないと思うでしょ」
…かっこいい………。
子安の、こういう役や演技に対する考え方ってほんとすっごく素敵だなあって思う。
実際、それで小野Dも吹っ切れたみたいだし、アドバイスがすごく適切といいうか。

そういう相談にも乗りつつ、基本は厳しいみたいだけどねw
「今のじゃ死ねない」ってのは、星矢LCでのエピソードだろうな。
あれのコメンタリー、すごく良かったから聞くべき。2章の2巻だったかな?16話だったはず。

一回ゲームでやってるけど、作品や役の大きさということ加えて、一人での収録だから、相当なプレッシャーかかったんだろうなあ。
「アニメでみんなとやってみて違った。やっぱり気持ちだった」
っていうのがね。
想像するに、ああいう形態のゲームだと特に、用意された台詞を喋るって感じが強いんじゃないかな…。そりゃあもちろん、そのときそのときの感情、気持ちは込めるだろうけど。
アニメだとみんなでかけあいできるから、そういうんじゃなくって、…もちろん台詞は用意されてるけど、相手の言葉に対してのリアクション、相手の言葉を受けて返す、…みたいな。
自然に気持ちを付けられるんじゃないかなって。…勝手な想像だけど。

好きだからこそすっごく悩んでいたんだなあって。
そういう思いを、聞けて良かった。


アフレコ現場のエピソードも面白かったです。
3部の汗担当な健太さんとか、正にジョセフな運昇さんとか、そんな運昇さんに「『ッ』と『ア』は大事ですよ!!」ってレクチャーする大川さんとか…w
…みたい、その場面ww
きっとすっごく大変な現場なんだろうけど、雰囲気がすごく良いんだろうなーって思う。

そんな現場で作られた作品だから、きっとすごくいいものになってるんじゃないかな。
まあ、1部2部でわかってることだけどもw
どんな感じになってるか楽しみです。


公式のツイッターでもチラッと言ってたけど、JOJOraDIOまたやってくれるって思ってるから!
もうちょっと進んだら…。また…きっとね。
ただ、前は1部2部って区切りがあったから、2部放送中に1部声優陣よんで1部まるごとの話することができたけど、今回は放送中にやるとしたらそういうことができないんだよなあ。
かといって、全部終わってからっていうのも、いつになるんだ、って話だし。まだ何クールかもでてないし。
でもやっぱり全部含めた話が聞きたいんだよな~。
うーん………難しいところだね。

まあでも、どういうかたちになろうとも、また聞けるってだけでもうれしいので、信じて、待ってます!
関連記事

 ラジオ,ジョジョ,JOJOraDIO,小野D,子安,

Comment

Add your comment

Latest