Redscape

いろいろ浮気しつつも結局子安さんが好きなんです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

革命

革命機ヴァルヴレイヴ

マギウスとかの設定が面白くって、最初は軽くだったのが途中から結構熱心に見てたんだけど、最終回………
うーん、スッキリしない終わり方だったなあ。
結局「マギウスが全部悪い」っていう感じになって、挙げ句の果てに魔女狩りになる…なんて誰も望んでなかった結末だもんな…。

与えられた情報鵜呑みにして、悪者を仕立てあげて排除する。それが例え本当の悪者じゃなくとも…
なんとなく、このツイッター社会を皮肉った話なのかなあって。極端な例というか。

カインの話聞くと、マギウス側があまりに不憫で。
共存しようとしたけど、人から恐れられ、魔女狩りにあった。
マギウスにもマギウスの正義があって、ただ生きようとしてただけなのになあって…。
人間側主軸の話だからしょうがないのかなあ。
マギウス側視点の話も見てみたい。

というか、
アマデウスがマギウスになってなかったらこうはなっていなかったんじゃないかと考えると辛いものが…。
評議会は国のトップをジャックするのもうちょい考えた方が良かったと思うよ!

…まあ以降ちょくちょく出てくれるようになったんで、それは嬉しかったんだけど。
それに23話の最後エロかったしな!たまらん!←

それ関連でいうと、ドルシアの改革もマギウスが国を手に入れるために仕組んだもののっていう風になってそう。
改革については目的や理由が全然語られてないけど、12年前だからカインも身体をマギウスに乗っ取られる前で、つまり当時は元のカインなわけでマギウスは関係ないわけで…。
この改革についてももうちょっと知りたいなあ。
元のカインやアマデウスについてもなんだけど。


ショーコについては色々思ってはいたけど、
まだ責任感より自分の感情を優先したい年でありながら、責任感を優先せざる負えなかったっていうのはとても辛いだろうし大変なんだろうと思う。
けど果たそうとする責任感と、責任を果たすための判断力がチグハグというか、要は判断力がなさすぎる、と。(日本語怪しい)
それに、一番ハルトを信じてあげなきゃいけないのに、一般大衆と反応が同じになってしまってるのがどうにも…。
「今まで守ってくれたハルトたちを信じよう!」って、そういうことを呼びかけて欲しかった。
そういうポジションだと思ってた。

あと最後、あれマギウスになってるよね?
それがどうしても理解に苦しむというか、気に食わないというか、納得いかないし、やってほしくはなかった。
ハルトの成し得なかったことを自分が、自分のために人間をやめたハルトのために、ハルトの願いを叶えるために自分も…って感じなのかもしれないけど、
共存を目指すならマギウスになるんじゃなく人間の立場でやるべきかと。
そりゃあ寿命は短くて、人間の一生のうちに出来ることって、目的を考えると本当にちょっとしかないのかもしれないけど、ショーコは人間として、サキはマギウスとして、その道を目指して欲しかった。


素材(=設定)は悪くなかったというか、個人的にはすっごく面白いと思うんだけど、ストーリーが上手いところに落ちてくれなかったというか…。
ハルトはフラグビンビンに立ってたし、ああなるとは思ったけど…やっぱりショーコ…。
ショーコは常にこっちの思うところの斜め上っつうかむしろ斜め下を行ってて、見ててすごく歯がゆいのです…。


子安に関しては…、
アマデウスの声のトーン結構スキです。
演説ありーの、エロいとこ(前述)ありーの、出番のわりに結構おいしかったような。

あ、最終回のモブ子安はリアルに吹いたw
アレはもうツッコミ待ちなんですよね?
完全に自演ですありがとうございましたwww
23話も、アバンでモブしてたよね。
モブ子安に久しぶりに出くわしたからなんか嬉しかった(・∀・)

最終回といえば、マギウスの歴史について語るシーン。
小野D(カイン)から子安(総督)に台詞つないだとこ、
ア゚+.( *≧∇)ノノノ*.オオオオォォォォォォォォォォォォォォォォ☆゚・:*☆
ってもうすっごくかっこよかったのに、ミルコさんの状況のカッコ悪さがヒドいw


うーん…納得いかないところは多々あったけど、これだけ文句言えるってことはそれなりにいろいろ考えてたってことで、結構楽しめたのでまあ良かったといえばよかったのかなあ。
関連記事

 アニメ感想,ヴヴヴ,

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。