Redscape

いろいろ浮気しつつも結局子安さんが好きなんです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一緒にやったら潰される

ちょいちょいツイッターの方で報告してましたが、
アーサー全員攻略完了しました∠(`・ω・´)
あとは、バッド回収と、ショップでいくつか買えてないものを買うくらいかな。
感想の方ボチボチ書いていきます…いつになるかわからないけど…(;・∀・)


さて、頭文字Dのラジオ『頭文字D Radio stage』10日配信の第11回
北条凛役のゆうきゃんがゲストだったんだけど、
凛といえば涼介の先輩で、走りの師匠的存在なわけで、子安の名前もでてきたのでちょっと感想。

最初に凛をやったのはゲームの収録だったそうだけど、まず聞いたときに
「ゲームで良かった。一緒にやらないから(子安さんに)潰されないなって」って思ったってのがw
ゆうきゃんの方がガッツリ年下で後輩なのに、役の上では年上で先輩なんだよねそりゃやりにくいw
それで安心してたらアニメやることが決まって…。
合掌。←
潰されなくてよかったねw

そういえば、最初に凛がゆうきゃんって知ったとき結構意外に思ったんだよね。
なにせ涼介が子安だから、もっと上の人にするのかなあって思っていたから。
でも実際聞いたら、聞いたことないくらいのガッツリ低音で、声の雰囲気も凛にあってたし、ああなるほどなーって合ってるなーって。うん。


ゆうきゃんは、子安にしても三木眞にしても、メインじゃない外から見守ってるような役で一緒になることが多かったそうけど、今回2人ともがっつりメインにいる作品で、現場での立ち位置や佇まいがいつもと違いすぎてびっくりしたんだって。
自分の出番じゃないところも、話の持ってき方みたいなものを相談してたりとか…。

現場でのことなんてなかなか聞く機会ないから、全然わからないんだけど、
子安も三木眞も、もう本当ベテランで、自分の現場での立ち位置をちゃんと作品ごとに理解して、メインのときはどっしり真ん中に、自分の役のことはもちろんだけど、現場のこと作品全体のことを考えているんだなあって。
他のラジオ(主にジョジョ)でも結構そういうようなこと話してるけど、役者ってただ演技するだけじゃなくって、そういう現場の雰囲気を作ったり、主演になるとまわりの役者を引っ張ったり、バランスとったりとか、
そういうこともすごく大事なことなんだなあって、思った。


ところでクイズであった、凛から涼介への台詞の問題の選択肢、
「おまえは愛してくれた」
に不覚にも吹いたw
待てよwww
※正解は「おまえは来てくれた」です
関連記事

 ラジオ,頭文字D,ゆうきゃん,子安,

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。