Redscape

いろいろ浮気しつつも結局子安さんが好きなんです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉が出てこない

ニコ動で配信してるテッカマンブレード、今週更新分でついに終わっちゃいましたね…。

最後更新の4話は、怒涛の展開で一回見だだけでもう腹いっぱい。
哀しいなんて言葉じゃ言い表せない、Dボゥイの戦い…。
46話時の止まった家なんて、あれ拷問だよな。
シンヤのテープ…未来のタカヤへのメッセージがもう、本当、やばい…。
タカヤのことが好きで、憧れてて、いつか勝ちたいって思っていて、そういう純粋な想いがラダムによって肥大化されて、、、ああなってるんだもんなぁ。
あと、ミユキの部屋が綺麗なままだったのに対し、シンヤの部屋がラダム樹に占拠されてるっていうのが、ものすごくゾッとした。
まさしくミユキとシンヤを表しているようで…。

48話は、ものすごく熱い展開で、まさに神回。
シンヤの狂気にも似た純粋な想いと、それを真正面から受け止めるタカヤ。
ボルテッカ対決はエビルが勝ってたし、限界が来るのがあとちょっと遅かったら、きっとシンヤが勝ってたんだろうな…。
なんかこの回、何か語ろうにも何も言葉が出てこないんだよ…。もう、とにかくすごいとしか。…なんで印象に残ったところを箇条書きで↓
・1ラウンドが終わって、シンヤとアキが会うとこ
・ブラスター化の際の、エビルの咆哮
・ブラスターエビルのかっこ良さは異常
・ボルテッカの煙の中からエビルが現れるシーンが好きすぎる
・ラダムから解放されたシンヤの言葉。「勝った…よね?僕は兄さんに勝ったんだよね」「目標なくなっちゃった」「嬉しいはずなのに…哀しいな」というかもう全部だ!
・ラダムの本体を踏み潰すブレード。悲痛な叫び。
・「Dボウイも相羽タカヤも今ここで死んだ。俺は、テッカマンブレードだ!」
………うん本当すごすぎて言葉が出てこない


順番おかしくなったけど、途中感想書けなかったんで印象に残ったエピだけ抜粋で。
26話。ミユキ回。
この回、エビルのドSっぷりが素敵過ぎる。
「楽になりたいだろう?」
とか、まさにドエス。ヤバイ。

34話。
シンヤの、タカヤへのコンプレックスが存分に語られてて、そうとう「くる」回だった。
特に激流のシーン。シンヤには助けがいるけど、タカヤなら自分で這い上がってこれる…
普段から意識しまくってるシンヤにとっては相当こたえたんだろうなあっていうのが、ものすごくよくわかってすごくツライ。しかもあれタカヤの方が下流で捕まってるのもやっとって状態なのにね…。
差を決定づけられた、っていう感じかな。
タカヤだって、努力を欠かさないシンヤをすごいと思っていたんだろうし、実際勝っていたのはいつもシンヤだったみたいだし…。
思いのすれ違いがすごく切ないね…。
それを克服できないまま、ラダムに洗脳されて………ウウウ;
シンヤもうお前まじ………(´;ω;`)

36話。
エビル関係ないけど、ブレードの
「強くなどなりたくなかった…出来る事なら変わりたくなどなかった!!」
は名言だよなあ…。

41話
やたら作画がいい回。
特に最後らへんの双子の生身バトルが動きまくって、作品内じゃあ逆に違和感w
この回も子安いいなぁ。

42話
「昔はこうして良よく稽古をしたねえ、兄さん!」
「子供の頃からかなわなかった俺が、こうして兄さんを追い込んでるなんて…」
「今まで手こずってなのが嘘のようだ…。それとも俺が強くなりすぎたのかな」
ここらへんのエビルの台詞、恍惚としててすごくいい…。
あとシンヤとケンゴのブラスター化を巡ってのやりとりはここに入るんだね…。
このシーンは何度か見てるけど、 本 当 に す ご い よ ね 。
どうしてもブラスター化して兄タカヤと戦いたいシンヤと、どうあっても弟シンヤを守りたい…死なせたくないケンゴ…。
声の気迫が2人ともすごすぎて…、すごすぎて笑っちゃうみたいな…うん本当すごい(わかったから
関連記事

 アニメ,アニメ感想,子安,ブレード,

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。