Redscape

いろいろ浮気しつつも結局子安さんが好きなんです

モヤモヤ

ギルティクラウン

一番気になってたのはやっぱり復活した涯と、その立ち位置なんだけど、
結局のところ、役目を果たすまで死ぬことが出来ない真名を救う=役目を果たさせる為に悪を演じていた、ということなんだよね?
復活の経緯とか、何で白いのかとか、そんなこと言い始めたらわからないことだらけなんだけど(苦笑

始まる前は多分一番楽しみにしてたんだけど、
わからないことだらけで、特に2クール目入ってからはモヤモヤしっぱなしでした…(-_-;)
見直すこともしてないし、途中で理解することを諦めたっていうのはあるんだけど、小説版読むと説明不足っていうのがよくわかる…。
アニメで唐突だと思った事柄に対しての伏線を、小説ではちゃんとはってるし。
作画とか雰囲気はすごく良かっただけに、なおさら惜しいんだよなー。
説明不足でも大して気にならない作品もあるんだけど、ギルクラは気になる方の作品だったね後で小説とか出すからなおさら…。
見なおせばまた違うと思うんだけど、あんまりアニメ見なおすことってしないからさ…時間もかかるし面倒くさいのだよ←


四分儀に関しては、出番があんまり多くなかったのはやっぱり残念だなあ(´・ω・`)
2クール目、アレってGHQ(アンチボディズ?)の捕虜になってたんだよね?
そういえば何で四分儀が涯復活したのか知っていたのかっていうのも、よくわからないなー。偽界とのチェスやってたシーンが最初に入ったのって涯再登場する前だよね…。

四分儀は、他の葬儀社メンバーとは立ち位置が違うというか、涯に対する想いの種類が違うというか、とにかく何か他メンバーとは違うという感じがする。
参謀っていう立場もそうなんだけど、まず年が…主要メンバーの中で唯一の大人っていうところが。(大雲は年出てなくてわかんないから置いておいて)
小説の方には、
他のメンバーは妄信といえるほどの恭順を恙神涯という虚像に示すがこの男は違う。(3話冒頭より)
っていう記述があるし。

…そんな四分儀と涯の、戦場での出会いの話、チラッと語られてたけどすごく気になります。
誰か詳細を…!
あと顔にある何かの痕も気になるところ。火傷痕とAPウイルス感染(キャンサー化)の痕っていう2つの説あるんだけど、どっちなんだろう…。

最終回、四分儀にも一応見せ場的なシーンを作ってくれたのは嬉しかったです☆彡
ただ直接殺るのかよお前wというか何処から入ったお前w…と突っ込みたいところもあるけど、まあ今更ですねw
それよりも城戸がツグミに対抗するほど情報戦できるっていうのがいきなり過ぎて戸惑ったw (ちなみに小説には9話分までの時点で記述ありました

残念なところもあるけど、とにかく作画と画面の綺麗さは群を抜いてて、雰囲気もすごくよかったです!
アニメでわからなかったところは小説で補間します…!
小説は、アニメで語られなかったこととか、結構載ってるんで、オススメだよー。もやもやしてる人是非ー。
関連記事

 アニメ,アニメ感想,ギルクラ,

Comment

Add your comment

Latest