Redscape

いろいろ浮気しつつも結局子安さんが好きなんです

クレッシェンド

SUDA51'S SDATCHER - INSPIRED by "SNATCHER"

ドラマCD発売から1ヶ月半。
やっとこさACT7が配信されたんで、子安中心に簡単に感想。(一応配信されるの待ってた)

まずACT6なんだけど、
配信版に比べ、ロビンとアリスの会話が大分(2分半ほど)追加されてます。
…追加と言うか配信版はカットと言う方が正しいんだろうけど。
そこの子安がほんと一々色っぽくって…!
なんというか…しっとり感というか空気感というか。
艶っぽいっていう方が語感あってるかな?
喜久子さんの声もすごくいいし、台詞の駆け引きも良かった。
ACT7OPのその部分のフラッシュバックはほんと耳死にそう。恐るべしステレオ効果。

そしてACT7
ジャックvsロビン、もとい明夫vs子安の迫力半端ない。
とくに「やめろ」×4のところはもう鳥肌もの。
子安のクレッシェンド具合がすごすぎて。
あと試聴盤聞いたときにも書いたような気がするけど、良い具合に壊れた高笑いほんと最高すぎる。
初対面時から水面下でバチバチさせてそうな2人だけど(笑)、こっちも台詞の駆け引きとかテンポとかすごく良かった!

最後どうなったか気になるところだけど、あえて見せないっていうのも余韻になっていいのかも。
あ、別れは電話で済ませるっていうの良かったなー。
実際面と向かって別れを告げたら、情が戻って殺せなくなるから、とかいうことなんだろうね…。いいねうん。


いまいちまだよくわからないところもあるんだけど、
声優陣の演技もすごく良かったし、BGMやSEといった音の仕事がすごく質が高くて、良質なドラマCDだと思います。

私はそういうところ疎くてよくわかんないんだけど、音質もすっごく良いらしい。
というかそもそも、CDを直接再生することなんてなくって、iTunesに圧縮かけて読み込みしたのを聞いてるからさ…。
違いよくわかんないから、別にデフォの設定でいいかなーって、128kbpsで。
…でもそれ聞いて、これとゼクト、ちょっと見栄張って320kbpsで入れなおしてみたw 明確な違いはやっぱりわからないけれど(そもそも元覚えてないw)
関連記事

 ドラマCD スダッチャー 演技萌え語り

Comment

Add your comment

Latest