Redscape

いろいろ浮気しつつも結局子安さんが好きなんです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きっとそれは楽しかった日々

はーとふる彼氏完全版/BBLルート

ザクッとしたキャラ中心感想。
Twitterに書いてたけどほんとはBBLルート搭載フリー版が配信されてから更新したほうがいいかなーとも思ったんだけど、完全版リリースされて結構時間経ってるし、そろそろ上げないと忘れ去ってしまいそうなんで。年超すのもいかがなものかと思うし。

…ちなみに結局一回しかやってません(汗
散りばめられた伏線とか、そういうの確認したかったんでBBL含む全ルートもう1回ずつやりたいんだけど、なんかやる時間録れなくて…。
メモ取りつつやってはいたけれど完全じゃあないんでいろいろ間違えてるところもあるかもしれない…と書こうと思ったけど、よくよく考えてみればそんな話に突っ込んでいないことに気がついた。

まあ要は 萌 え 発 散 。

ネタバレも含んでるんで観覧注意。

◎禿げ萌えた
とにかくとにかくBBLルートで萌えたのが、伊佐くん!
もうなんつうか伊佐くんがかわいくて…
伊佐「誰も取ってくださいなんて頼んでいません」
とか迷惑そうにしてるのとか最高だよね萌えるよ伊佐君…。

そして鳥生唯一、尊敬した相手の、本人曰く『挑戦』を受けて、息子の願いを聞いてこんなシナリオ立てするとか、 か わ い い じゃないか…!
伊佐くんかわいすぎて死ぬ。やばい。
なんか、伊佐くんがもっと自分の感情に敏感で素直だったら、もっと違った未来があったんだろうなとか思ったりするわけですよ。でもそんなの伊佐くんじゃない。

てゆうかパパ、人の子ばかり構ってないで家帰ってあげてください…。


◎岩峰先生のツボな台詞集
「ククク……楽しいですねぇ、華原くん。日常が壊れていく音というのは」
わーいやっぱり変態だー(ひよこちゃん風

「酷いですねぇ。ここまで疑われると、さしもの私も傷つきます」
台詞だけ見てるとジェイドでしか脳内再生されません!w

「少し静かにしていただけませんか。
 私はもう、貴方に興味がないんです。低俗で、下賤な、雑種には」

ちょっと衝撃だった台詞。興味ない人相手だとこんな冷たくなるんだなーっていう。

(願いを叶えたのに)何が不満なのですか?」
岩峰先生ほんとうやんでるね!
病んでるっていうか、 鳥として大事なモノがかけているっていうか。
(って前後の流れわかんなきゃなんのことかわかんないけど汗)


◎トラウマ
鳩彼でトラウマといえば乙女ルートの岩峰先生ルートですが、またここに一つ。
七姫先生まじヤンデレ
大切だった鳥ってきっとそうなんだろうなと思ってたけど、まさかこうなるとは思わなかった…。
嘆嘆嘆嘆嘆嘆嘆嘆嘆嘆嘆嘆嘆嘆嘆
ほんと怖すぎる…。

あと、左ばかり狙うとか岩峰せんせも感動するサドっぷり
ある意味岩峰先生より強敵だなあ。自覚してないだけにタチ悪い。

七姫先生は常に笑顔を顔に貼り付けてるイメージ。
教師組のハードルの高さは異常…(汗


◎クジャクバト兄弟
2羽には泣かされました…!
先輩は本当朔夜のことを大事に思ってるんだなぁって。
朔夜もそんな先輩の愛情を感じ取ったようで。
「優夜」って呼ぶとこマジよかった。

…だがやっぱり先輩は不憫なままだけどな!(笑
エピローグで救われたw


◎真相
いい意味で裏切られた
予想外だったけど、でもすごく良かった
きっとバックボーンがちゃんと語られてたからなんだろうなあ。
利用された鳥たちやその周りの鳥たちのこと考えるとすごく悲しいんだけど、単にハト派とかタカ派とかの思想とかそういうもの故じゃなくって、本当良かった。

ほかメモ
・反発し合いながらも協力する涼太と朔夜のコンビに和む
・岩峰先生に対して疑惑と尊敬という真逆の感情持ってるのがまた面白い
・朔夜が乙女ルート以上にツンケンしてた印象。かわいい
・案山子まじ恐怖
・おこさんとアンヘルくんはBBLルート唯一の良心、癒し
・岩峰先生関連に関してはものすごく鼻が利くアンヘルくん
・妄想の力恐るべし
・「ガラスのハートどころか、先輩の心臓ってゴムか何かで出来てるんじゃないかな」涼太何気に毒舌www 先輩のハートはゴム製らしいです


前も書いたけど、 本 当 い い 話 だ よ コ レ 。
お金払ってまで…って思ってる人も、BBLルート搭載フリー版の配信は予定されてるんで、やったらいいんじゃないかな!
当初言ってた時期からだいぶずれこんではいるけれど(汗
関連記事

 ゲーム,鳩彼,キャラ萌え語り,

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。