Redscape

いろいろ浮気しつつも結局子安さんが好きなんです

美形2人の息子はやっぱり美形

ガンダムW フローズン・ティアドロップ 3巻【連鎖の鎮魂曲(上)】

発売から早1ヶ月。
やっとのことで読みました(←


今回は過去編じゃなくFT本来の時代(MC)の話で、活躍しているのは本編キャラの子供などといった一世代下の後継者たち。
死を覚悟したときに【ドクトルT(本編のトロワ)】に助けられた名無しこと【トロワ・フォボス】と、【W教授(カトル)】の年の離れた妹【カトリーヌ・ウード・ウィナー】
が今巻の主観という意味での主人公。

地球から独立した火星。その『火星連邦政府』の初代大統領である【ミリアルド・ピースクラフト】。
そのミリアルドが名無し=トロワ・フォボスに暗殺され、でも家族はそのことを事前に知っていたようで…?
しかもその葬儀に参列していた【ゼクス・マーキス】が、ラナグリン共和国の代表となり火星連邦からの離脱および独立を宣言し、更に宣戦布告。
そして火星連邦の、次の大統領に決まったのが『星の王子様』で冷凍冬眠されていたリリーナ。
…とまぁ、なんかもういろいろとややっこしいw
(この先のコミックなってない部分のネタバレも知ってることはあるんだけど、ちゃんと読む前に中途半端な知識で書いてもアレなんでやめとく)

とにかく、3勢力に分かれてて、↓みたいなかんじになってるっぽい。
プリベンター…ヒイロを始めW本編のガンダムパイロット、サリィの娘キャシーらが所属。本部は地球圏統一国家(多分)
火星連邦政府…初代大統領ミリアルドが暗殺され、現大統領はリリーナ。カトリーヌはMSプロメテウスを持って、プリベンターから火星連邦へ裏切る
ラナグリン共和国…代表はゼクス。火星連邦の革新派の主要メンバーの多くが亡命。火星連邦に宣戦布告した


FT本来の時代とは言ったものの、今回はほとんどがトロワ・フォボスとカトリーヌの過去や人格形成と言った感じで、話自体はヒイロが目覚めた2巻ラストから実はあまり進んでいないというのが本当の話。
大まかなあらすじなら、裏表紙読めば十分なほどに。
…結局カトリーヌは、プリベンターからMSプロメテウスの強奪に成功して、リリーナの完全平和主義を完成させるために火星連邦に裏切った、っていうの付け加えれば、十分なような気が、ね。

だから進みは遅いんだけど、でもいろんな人物に焦点が当たってて、群像劇な感じが、すごくいいなーと。
それぞれの過去の話もおもしろいし、FTの話もまだまだ謎がいっぱいで、気になることが多くって先がすごく気になるし!
とりあえず謎なところを書きだしてみておいた
・殺されたミリアルド。それを事前に知っていたらしい家族。そして新たに現れたゼクス
・ヒイロやリリーナが、冷凍冬眠されていたワケ
・リリーナ暗殺命令の真意
・というか、そもそもこの作戦(オペレーションミュートス)の目的
・過去、訓練生時代のゼクスが行方不明になって数年帰ってこなかった際の話


後半(カトリーヌの話)で、ゼクスとノインの双子の子供ナイナとミルが登場するんだけど、
挿絵のミルが超かっこよいです…(ため息
さすが父も母も美形なだけある…。
てゆうか、この2人の子供が双子でしかも女と男って贅沢すぎだと思います。ありがとうございます隅沢さん(笑
ゼクスとかガンダムシリーズの中でも屈指の美形キャラって言われてるもんなぁ。個人的に(美形の多い)子安キャラの中でも一番だと思っていますが…!


というかFTの感想は、名前書くときにちょっと迷う…。
できればわかりやすい、馴染みのある名前使いたいけど、例えばデュオとか、W本編のあのデュオ・マックスウェルはFTではファザー・マックスウェルって名乗ってて、デュオっていう名前は今その息子が名乗ってるからどっちのことかわかんないし、したらやっぱりFTの名前で統一するしかないなーと。トロワもこれと同じ。

ゼクスもゼクスの方が言い慣れてるけど、新たに「ゼクス」が出てきたし、すごく紛らわしい…。
ミリアルドがまぁ本名なんでミリアルドに統一した方がよかろうか…。それとも、まだ出て来てない呼称だけどキュレネの風か…。
ちなみに「ミリアルド・ピースクラフト」っていう名前は響き的にも字面的にもものすごく素敵で綺麗な名前だと思います(・∀・)
ただ、たまに呼ぶくらいなら良いんだけど、何度も言うのはなんかちょっと…照れるというか小っ恥ずかしいというか(←同じ)、なんというかw
でも好きなんだよ…!それにすごくピッタリだと思う…!うん(・∀・)


感想になってるかどうか自分でもわかんないですが、一言でいえば、すごく面白かったですv
4巻も楽しみっ!
早く出ないかなー。待ってます☆彡


新機動戦記ガンダムW フローズン・ティアドロップ (3)  連鎖の鎮魂曲 (上) (角川コミックス・エース)新機動戦記ガンダムW フローズン・ティアドロップ (3) 連鎖の鎮魂曲 (上) (角川コミックス・エース)
(2011/06/24)
隅沢 克之

商品詳細を見る

関連記事

 ガンダム ガンダムW ガンダムW_FT 漫画小説感想

Comment

Add your comment

Latest