Redscape

いろいろ浮気しつつも結局子安さんが好きなんです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「殺しますから」

ペルソナ2罪、届いたものの忙しくってまだ全然プレイ出来ていなくって(パッケージさえ開いていない…)モヤモヤしてます(≡Д≡;)
そんなわけで今日はコレ↓


聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話
子安さんが出ると聞いた時から楽しみにしてて、やっと2巻出たのでレンタルしてきました!

子安さんのオカマはこれまで何回か聞いたことがあるけれど、その中でもあんまり聞いたことのない感じで。
…というか悪役のオカマがなかったのかな?コメンタリーでカッキーが言ってるけど、こっちの気持ちを逆なでするっていうこの悪役って感じが、オカマでは新鮮だった…のかもしれない。

ベロニカは、死者を操る能力を持ってるけど(まあタナトスから授かったものかもしれないが)それはいわゆるネクロマンサーということで、本当どんだけネクロマンサーやってんだよとw 何故これまでネクロマンサーが多いか…本当謎w

コメンタリーもすごく面白かったです。
とにかく、子安が本当いい先輩で…!
決まってから、会う度に小野Dに「ぶっ殺しますから」と言われ、それに返した言葉
「原作ではやられるけど、俺はお前にはやられないぞ」
っていうのが、かっこいい…!

というか小野D、直接言うっていうのもすごいけど、メールも送ったってのがすごいよねw
「殺しますから」って、一歩間違えたら脅迫だよそれw
ちなみに子安はそれを受け取って、「コイツこういうとこかわいいな」と思ってそういう内容で返信したらしいwいい関係だ。

後あと!
子安「俺をやっつけたいんだったら、俺をやっつけるだけの芝居してこいよ」
小野「あんたも本気でこいよ。手抜くんじゃねぇよ」
みたいなやりとりもあったらしく、こういう先輩であるとか後輩だからとか関係なく、役者同士の戦い・高め合いっていうのがすごくいいなァと思った!
現場の雰囲気もすごく良かったらしくって、いい作品を作るには、現場が良くなければいけないんだなぁと改めて感じた。そんな今日この頃(←)

子安が途中で言ってた、小野Dの演技ですごく良いと思ってすぐ褒めた台詞、結局うやむやになったまま終わっちゃったけどなんだったんだろうなぁ。15話16話、注意深く聞いてみたら素人目で2つ3ついいなって思ったのがあったんだけど…気になる。

本編ではオカマだけどもちょっと新鮮な演技、コメンタリーでは役者として先輩としてのかっこよさが堪能できて、両得って感じで本当良かったです(・∀・)
関連記事

 アニメ 子安 コメンタリー 星矢LC

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。