Redscape

いろいろ浮気しつつも結局子安さんが好きなんです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安心の銀魂クオリティ

【劇場版銀魂 新訳紅桜篇】見てきましたー!!!
やーもうすごく良かったよ…!さすが銀魂!

本筋はほとんど、というかまったく変わってなくてそこに少し加筆一部修正っていう感じ。TVシリーズんときも結局書けず仕舞いで、この劇場版にしてもストーリー同じだから本当今更って感じなんでそこらへんの感想はスルーということで。
画は見覚えあるところもあったかな。監督曰く半分位がTVシリーズの画を使っているけど、色とか背景は全部やりなおしてるらしい。…だから半分も同じとは感じなかったのが1回見た感想。

…なんかマイナス方向な感想になっているけれど。(いやマイナスなつもりはなくって±0なんだけど!)
加筆修正された部分、新たに書き下ろした画、そして最初と最後が素晴らしすぎたんで…!!!(最初と最後は素晴らしかったっていうか…なんだけどw)


ネタバレ含むんでたたみます
加筆修正されたとこで一番大きいのはやっぱり幼少時代かな。紅桜ってなんだかんだ言って心情的なメインは銀さん・桂・高杉だから、そこが根本なわけで。でも松陽先生が何言ってたか全然覚えてない\(^o^)/オワタ
後予告にあった銀さんと高杉のシーン。まぁ夢オチ(似蔵に重症負わされてその後目覚めるときの)なんだけど、原作TVシリーズ双方銀さんと高杉が対峙するシーンってなかったからいくら夢オチとはいえGJと。

新作画、…というか私の印象ほとんど新作画だった記憶があるんだけど。
とにかく最後のシーン!TVシリーズだと修羅がかかったシーン。あっちもあっちで高クオリティで当時もスゲーって思ったけど…更にすげぇ。長かったし。桂の目から入るカットがすごいかっこよかった気がする。予想通りにバクチ・ダンサーが流れたんだんだけど、かかったときは興奮した。曲が本当かっこいいしね。思わず買っちゃったよ。その曲にあの画だもん…そら…ねw
銀さんvs似蔵の神作画だったシーンはほぼ同じだったかな。後高杉と似蔵のシーンも同じだった。神楽vsまた子は新規だった気がするけど、確実じゃない(←よく覚えてない)
あと高杉の登場シーン!予告にもあるけど、あそこの大物感っていうかなんていうか…ドーンって感じがすごい。また月と空の色がすごく不気味さを醸し出してて(・∀・)イイ!!

そして一番最初と最後。いわゆる安心の銀魂クオリティ。 劇場版でもあのノリは変わらないらしいw
最初が25話的、最後が50話的ノリ、といえばいいかもしれない。またやるやる詐欺(劇場版第二段)してるしw
オールキャストはオールキャストだけど紅桜に出番がないほとんどのキャラの出番はこの最後の部分。…正直坂本がでるとは思わなかったぞw
てゆうか山ちゃんが美味しすぎる件。松陽先生も(重要という意味で)美味しいキャラだけど、もう一個の…ワーナー・ブラザーズがwww まぁ山ちゃんだったってことは後から知ったんだけど…あれは…全部持ってかれるよ!杉田が散々言ってたBLEACHとNARUTO出たときの会場のウケようと言ったらw ああ後最初の、ワーナーのロゴ3回と新八のキャラ紹介=メガネってのもおかしかったw

面白いところで笑いが起こって会場が一つになる、初日だから尚更なんだろうけど、そういうところがいいよね劇場って。アクセスのすごい悪いところで行くのそうとう迷ってたんだけど、見に行って本当良かったわ。もう一回行きたいくらい。そしてDVD買うわ、本当に。
関連記事

 アニメ アニメ感想 銀魂 高杉

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。