Redscape

いろいろ浮気しつつも結局子安さんが好きなんです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レザード・ヴァレス

最近レザード熱が再加熱(?)している。
他のところで子安分が足りてないのかな。今まともに見てるのってペルソナくらいなんだけど、そのペルソナもなかなか出てこないからさ…。

私が子安さんを知ったのがレザードで。好きになったキッカケがレザードだったわけで。だから、やっぱり自分の中では暫定的に一番好きなキャラ…というか特別な位置にいるんだよね。


VPは発売当時にすごくおもしろいなーと思ってやってたけど、そのときは別に何も思ってなかった。というかどう思ってたのか覚えていないっていうか…その程度だったんだよね。

で、7年後。VP2が出ると聞き、公式とか見てこれはやりたいなーと。
その時点で若干引っかかってて。アリューゼは前世だろうけど、レザードは?とか、むしろレザードかっこよくね?とか(いやもともと美形持ちだけど1は正直どうなのよアレw あでもドットはかっこよかったよね!)
まぁでも、6月末の発売日には買わなくて、夏休みに実家帰ったらあったんで、それで…。


レザード以外の魔術師ってエインフェリア…つまりボイス使い回しキャラでなんかいやだし(お気に入りのは何人かいたが)、レザードの詠唱とか声とかいいなー思ってたんでレザばっか使ってた。その時点で結構お気に入りだったわけですよ。

その株がグンとあがったのがユグドラシル頂上のイベント。
「この神槍を手にするに相応しきは────我なり!」
ここで、ヤバイかっこいい!と。
裏切られたのに、かっけーーー!って(笑)
ここでグンと好感度上がったっつーか…このイベントのレザードのかっこよさはガチ。
曲のマッチ具合も素晴らしいし。


そして話を進めてチャプター6。
後々レザードが敵になることは知ってたし、レザードの塔がラスダンなのも知ってた。
…がラスボスがレザードだとは。
名前だけは知ってて、それだと超展開でなんか現れるのかなーとか思ってたんだけど…そのままお前かよ!

レザード1戦目後の例の回廊。
ここはね…(笑)本当、最初入ったときは衝撃だったような。
つかよく全年齢で通ったもんだと思うw コレAで本当良かったの?w
言葉だけだから良かったかなぁとか思うんだけど、本当、キモいの一言に尽きる(本当尊敬するよ…!)

でそこ抜けての2戦目。通称変態戦。
たぶん、ここだと思うんだよね。ここで、すげぇこの(中の)人、って。
最初の猫かぶりな紳士っぷり、通常戦闘時のゾクゾクくる低音ボイス、そしてこの変態戦のはっちゃけっぷり(笑)なんかこのギャップがきたんだよね。
で、気になって調べて、そこでヒムロッチの名前見つけてしまい…(笑)
GSはその少し前に友達に借りてやってて、そのときも手元にあったんだよね。最初に落としたのもそういえば先生だったし…(注:乙女ゲー初プレイにして始めて落としたのがヒムロッチ。ちなみに本当は葉月狙いだった。借りたのも「緑川から名前で呼ばれるんだよ★」なんて言われたからで…。)そのギャップもありー…で。
※当時サギリさんは声優の中では緑川が一番好きでした



前のPCのときに書いてた日記(ネット上のではなくソフトの)が、変態と子安さんへの堕ちていき様がよくわかるんだけど、本体壊れて、データしやっぱりたからなぁ。今読み返すと面白いと思うんだけどな、くそぅ。

…「中の人が気になって」っていうのは周りに少し感化されてたんだと思う。
当時ゲームこさやるとはいえオタではなかったし(片足突っ込んでるとはよく言われてたけど)、なによりまわりのオタ率半端なかったんで。(学科柄なのか、女子の過半数がオタだった。男子はわからないけどやっぱり半数はいたと思う…)
まあただ緑川とか好きだったし、TODの声優陣は名前だけ何故か結構知ってたから元々その気はあったんだろうけど(笑)
※後で気づいたんだけど、TODの攻略本に関智と今井さんのインタビュー載ってて他のキャストのコメントも顔写真有りで載ってた。多分、だからじゃないかな…


レザードの好きな所…やっぱりあの突き抜けた変態っぷりかなぁ。
当時2次元キャラでそうそうヒットすることなかったのに(ていうか3次元でもそんなない)、よほどの衝撃だったんだろうな…あの変態っぷりが。そう考えると結局、子安さんの所為が大きいような気がするが。(キャラクターがーとか、もっねちっこくって言われたとか、僕のせいじゃありませんよとか言ってるけどさw)
…あくまで順番はレザード→子安だと言い張っておくけれど。

でも本当レザはキャラ濃いよね。
1レザって子安さん好きになってからもちょっと苦手だったんだけど、最近ようやく慣れてきた。何が苦手だったのかって声がね、なんか。
…ちゃんとしたソースはないんだけど、1レザの声って加工してあるらしいのよ。声質・演技は間違いなく子安さんだけど、なんか違うっていうか…妙な低さというか渋さ?があるなと思ってて、加工してあるっての聞いてああなるほど、と。PVとゲーム比べてみるとわかりやすいかも。PSP版のPVにある声は私が聞く限りそのままっぽいんで。
(ちなみにソースはゲムドラらしい。その部分だけでもいいから聞きたいなァ)

2レザの魅力は全てチャプター6に詰まってる。
シルメリアを見上げつつレナスの波動を感じてウフフになってる変態も、
レナスに冷ややかな視線を浴びせられて「たまらない」とかほざいてる変態も、
ヘヴン状態な変態も、
レナスを手に入れて悦な独り言をつぶやいてる変態も、
変態戦での潔いまでの変態っぷり・イっちゃったっぷりも
本当大好きですw

声だけに焦点当てると、パーティ時の戦闘ボイスが一番好き。
なんかゾクゾクするんだよね。低く響くっていうか。それでいて丁寧語で…。
いろいろキャラ見てきたけど、子安さんの声の中であのトーンが一番好き。かつ丁寧語だったら尚更。いわゆる慇懃無礼ってのが。…だからこそレザではまったんだろうけど。

とにかくレザは、キャラも声も演技も、もちろん1レザも2レザも好き。
子安さんが「そういうキャラを好きになるってのはまず奇特なんですね」とか言っておりますが…まぁ…奇特なんでしょうねぇ(笑)

子安さんにも結構気に入られているようだし、またやって欲しいなぁ。てゆうか自ら「またやりたい」って言ってるもんね。攻略本のインタビューはもう本当何回読んだか…。帯ボロボロなんだけどw
ちなみにインタビュー載ってるのはスクエニの攻略本ね。


あ、あと。
レザード語る上で外せないのがレナスだけれども。
レザレナは大好き。超ダイスキ。
けど、レザード→レナスの激しい一方通行しか受け付けないんだよね。まあ無理矢理××(何だよw)だとかはいいんだけど、あくまで無理矢理。ちょっと気持ちが揺らぐのも基本的にダメだし、もちろん両思いなんてもっての他。
これは私が、強引にとか無理矢理ってシチュエーションが好きっていうのもあると思うんだけど、レザレナの場合は特に両思いってのは考えられないなぁ。別にルシレナが好きなわけじゃないんだけど。



この機会にいつかまとめようと思ってたツボセリフ集。とりあえずVP2のみ。

◆通常戦闘ボイス
「フハハハハハハハ!平伏すがいい!!!」
ブレイクモード。最初聞いたときあまりに突然過ぎてフリーズ(自分が)してしまったセリフ。最初の高笑いがすごい(笑)ドSっぷり全開。以降ブレイクアップを欠かさず付けるようになったという話。


◆イベント
「成長を怠れば衰退に転じるは世の習い。この神槍を手にするにふさわしきはーーー我なり!」
株急上昇したとこ。本当かっこよすぎるこの人。…変態のくせにw

「感じる…待ちこがれた愛しき女神の波動を…」
わずか30秒のムービーで遺憾なく変態っぷりを発揮してるとこ。さすがレザード。ちなみに最初の「感じる」はウィスパー。耳レイプもいいとこだ。もっとちなみに某所に「レザード30秒PV」なんてタグがあった。ピッタリすぎて吹いたw

「たまらない…その冷ややかな瞳」
超問題発言。Mだったのかよw ドSな人は好きな人に対してだけMになるというのを聞いたことがあるが…なるほど…


◆回廊
「はぁ…」
「ふぅん…」
この2つやばい。ものすげえ悶える(笑)もうだって完璧に「悦」なんだもん

「ふ…フハハッ…」
子安さんのこういう狂った笑い声って本当クセになるんだよな…

「レナス・ヴァルキュリア…あなたと私がこうして共にいられるのは、全て必然なのですよ」
最初の「レナス・ヴァルキュリア」、ここウィスパー。いい具合にエコーかかってるしイヤホンできくとヤバい

「神の力…素晴らしい…」
神の力も素晴らしいが、子安さんも素晴らしい…といつも思うセリフ(笑)

「神の手のひらで踊るがいい!」
すばらしい裏返りっぷり。これすごい


◆全てを超越した変態存在 戦(通称:変態戦)
「もう少しの間だけ辛抱して下さい。この私がレナス・ヴァルキュリアという存在の中に…もっと深く入り込むまで…」
戦闘開始時。なんという変態発言。特に最後の「もっと深く入り込むまで…」が相当エクスタシー入ってる

「私とレナス・ヴァルキュリアとが一つになる。その記念すべき瞬間をそこで見ていてください。その後でなら相手をして差し上げます」
これも戦闘開始時。「その後でなら」のねちっこさが神。あと、なんか最後の「す」がちょっとツボ。

「今どんな気分ですか?屈辱?憤怒?恐怖?羞恥?憎悪?それとも絶望ですか?」
クリティカル。そのせいかかなりレア。幾度となく変態戦やってるけど、実際聞いたのは5回とかそこら。「屈辱?」から「憎悪?」までクレッシェンドがかかって、「それとも」で落ち着くんだけど、クレッシェンド具合がヤバい。本当S。

「ふひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっ…ひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっ…」
テレポート時。活字化不可。素晴らしく高笑い。本当に普通じゃないこの人。イっちゃってるっぷりが一番よくわかるセリフ。子安さんすごすぎる。

「貴方たちの努力を無駄にしないよう、レナス・ヴァルキュリアも必死の抵抗をしています。健気だと思いませんかぁ?そうでなければ張り合いがないというものです」
待機。「健気だと思いませんかぁ?」がすごく楽しそう(笑)やっぱり語尾は変態だしw

「休んでいる暇などありませんよぉ?すぐに回復してしまいますからねぇ」
待機。言い方がものすごく変態。特に最初の「やーすんで」と最後の「ねぇ」が。…ていうかここらのセリフ基本的に語尾がいいんだよね。語尾のねちっこさが。

「まだ終わったわけではありませんがぁ?」
なんでもないセリフだけど、言い方&声がすんげぇねちっこいんで。

「どうしましたぁ?もっと激しく攻撃しないと、私は何も感じませんよぉ?」
待機。…これはもう字面の時点で…(笑)そしてやっぱり言い方がものすごく変態。アンド声の裏返りっぷり(とくに最初)が素敵すぎる(笑)一番好きかも。

「次に目覚めた時には全てが終わっています。その時…貴方がどのような顔をするのか…フッフッハッハハハ…」
全滅時。声質は他のと比べてすごく穏やかなんだけど、最後の笑いがやっぱりくる(笑)子安さんのこういう悪役笑い(以下略

「全ての準備は整いました。さあ…私と共にいきましょう…」
全滅時。「さあ…」の掠れ具合がすごい


◆破滅を求める者 戦
「なんということを…貴様らは自分たちが何をしたのか理解しているのか!!!」
戦闘開始時。最初の「なんということを…」の震えっぷりと、後の怒りっぷりが

「私はただあの方と共に在りたかった…ただそれだけが望みだった…その結末がこれか…フハハハハ…」
戦闘開始時。諦めきった感じと、最後の狂った笑いがイイ

「随分と…、随分と馬鹿にしてくれたものですねえ!…いいでしょう、神に逆らった最初の大逆者として、未来永劫地獄の業火で焼き尽くしてくれる!」
戦闘開始時。最初の「随分と…」っていうのが、怒りを抑えてるって感じで、すごく怖い

「我を敬え!我を崇めよ!我が名は…レザード・ヴァレス!」
大魔法詠唱時。変態のくせにかっこよすぎる

「頭蓋の中を虫が這い回り、眼球を裏から齧られるその感触…存分に楽しむがいい!」
全滅時。「存分に楽しむがいい!」でドS発揮。ものすごく楽しそうに言うんだこの人(笑)

「貴様には神の敵となる権利を与えよう。これから先、貴様は永遠に転生を繰り返し、私の敵として皆に憎まれ!貶められ!蔑まれ!傷付けられ!滅ぼされ続けるのだ!!」
全滅時。「私の敵として」の後がヤバい。どんだけw 怒り心頭してる


◆その他
「なんと素晴らしい… これこそが私が求めていたこと!このまま時の流れを止めてしまってもかまわないくらいですよぉ!」
本編未収録。ボイスミックスより。最初が結構ためてて、「これこそが~」でクレッシェンドかかって、「このまま」でいったん落ち着いて、最後の「ですよぉ!」でまたクレッシェンドかかる。抑揚がすごい。本編で使うとしたらどこなのかな…回廊?



参考
Bifrostヴァルキリープロファイル2 -シルメリア- 攻略Wiki
関連記事

 ゲーム VP キャラ語り 演技萌え語り

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。