Redscape

いろいろ浮気しつつも結局子安さんが好きなんです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くじらのはね

【PERSONA -trinty soul- #04「くじらのはね」】
かつて両親の仕事場だった生家のアトリエで、思い出の品を探しあてては慎に見せる洵。
日頃の愛想が良いとは言えず、どちらかといえば天邪鬼な弟のしおらしい態度に少し戸惑い気味の慎。
亡き両親の最後の共著である絵本『くじらのはね』を見つけ懐かしむ二人だが、
帰宅した諒と慎の兄弟喧嘩を目の当たりにした洵が、真夜中に姿を消してしまう。

- - - - - - -
アトリエ。
慎、絵上手すぎるw 小学生であれとは…将来有望過ぎ(笑)
「テスト終わったら絵描いてないで見直ししなきゃ」まったく、そのとおりである(笑)コレ自分に言われているような気がして…さすが洵。
で、くすぐられる洵がかわいすぎる。

キタ、白シャツーーーv いいねーv白シャツ大好きだよ(実は白シャツ萌え属性持ちだったりする)そして、この力ない感じがいいのだよ(ギャップv)
「オレが殺した」………って統馬死んだのか!?ええ公式のキャラ紹介に載ってるキャラなのに3話で退場?それはないでしょ?謎もあるしなんかかしら復活するのではないかと…。

アルバム。
家族の写真に映子がいるんだよね。家族(父・母・諒・慎・洵・ユキ)と映子。家族ぐるみの付き合い…だったのかな。1話に出てきた写真にも映子らしき人が映ってるしね。
慎を肩車する諒の写真。笑顔の諒は切ないな、なんか。やはり昔は優しい良い兄貴だったよう。
「またこんな風になれるよね。お父さんとお母さんはいないけど、残ったみんなで」ここはユキだよな。その後「僕じゃなくて…」って洵が言ってるし。
前から思ってたんだけど、「兄ちゃん」って呼ぶのが洵で、「お兄ちゃん」ってなるのがユキなんだよね。そこ気にしだすと結構ちょくちょく出てきてるみたい。

その後のシーンで「お兄ちゃん」と呼ばれて諒が足を止めるのが細かいなーと。1話で2人の会話聞いてたし、諒はある程度ユキが洵の中にいるっていうことを知ってそう。
どうでも良いけどチューリップスクエアw (チューリップ=富山の県花)
富山湾で人が消える、そういえばあったな。なんかいろいろあって忘れてたよ。1話冒頭だったし、これも絶対なにか関係してくるんだろうけど、いまんとこリバース事件ともペルソナともどうにも接点がないんだよね。どうなんだろー。
そういえばここでもちらっと羽根が映ってる(TVに映ったのか諒だけに見えたのかは不明だが)だ か ら なんなんだよこの羽根ーーー(笑)
「俺の側から離れろ」神視点で見てるこっちからなら、弟たちが心配だからっていうのがわかるんだけど、慎からしたらやっぱり「怒」だろうね。…本当に不器用である。

「東京に居た頃くらい会ってるのかと思った」
諒、どうやら東京にいたことがあるみたいね。つまり会おうと思えばいつでも会うことができた。でも会わなかったってことは、そおれは意図的ってことで…その後映子が更に「本当に10年ぶりだなんて徹底してるのね」って言ってるし。そういえば2話で「もう良い頃じゃない?」っていうセリフが会ったけど、あれ「弟たちと一緒に住んでも」だと思ってたんだけど、もしかしたら「弟たちと会っても」かもしれないね(あの時点で帰ってきてると知らないと仮定して)それか「知ってることを全部話す」…とか(映子がどこまで知っているのかがわからないが)あそこの会話がなんか引っかかるんだよなー。どういう意味なんだろ。
「この町を出て行け…言われてみたかったな私も」初見、意味がわからなかったんだけど(オイ)この町を出て行けっていうのは諒が心配している証拠で、つまり心配して欲しかったっていうことなんだね、これ。深いなぁ。
…諒と映子のシーンは何かと意味深な気がする。

慎の前に現れる羽根、そして少女。
慎がこの少女を見るのはこれが初めてだね。今まで諒の前には姿を見せてた(諒も見ていた・存在を感づいていた)し、一方的に慎を見ていたことはあるけど。ちなみに慎の前に現れたのは小さい方。その後のシーンで諒が一瞬見たのはもうちょっと大人な方(高校生くらい?)
ちなみにそのコと一緒に出てくることが多い羽根は、ユキの形見で洵が持ってる「クジラのはね」によく似ているらしい。…ホントなんなんだー!

慎、洵が帰ってきた理由。
伯母さんのこともあったらしいが、洵の環境を変えたいという慎(と伯母?)の考えがあったらしい。どうやら洵が中学でいじめにあっていたとか。言ってることがちぐはぐだったり、妙に勘がいいだとか…。確実にユキが関係してますな…。これ「伯母さんの勝手な都合でお前たちを押し付けられるのは御免だ」なんて言われたからちゃんと話したんだろうな。すごく作りが丁寧な気がする。

…しかし母親あんまり綺麗な人じゃないw(いうなw)なんか…なんだろう…男顔なのかなー?面長で、なんかアゴが気になるんだよ…(笑)

洵(ユキ?)のペルソナが発現。
ここ姿が完全にユキなんだよね。洵とユキで一体のペルソナ…なのかな?
「諒お兄ちゃんの声だけ聞こえない。でも…」
諒が心を閉ざしている…って解釈でOK?勘がいいとかなんとか…っていうことからしてユキは人の考えが読めるみたいな力があるのかも。そして「でも…」が意味深。
倒れる洵。意外にも駆け寄ったのは諒。
洵の額の傷、縫われた痕、2つの診察台、羽根と赤服の少女。10年前の事故の際、諒はなにか重大な決断をせざる負えなかったんじゃなかろうか。洵とユキ、どちらを生かすか…みたいな。
ああ、慎が名簿のことを言わなかったのは本当ホッとした(笑)


今回の謎とか心情とかまとめ。
・諒は慎と洵にあえる状況にあったにもかかわらずあえて会わなかった→10年前何が
・慎と洵が帰ってきたのは中学でいじめにあってた洵の環境を変えてやるため
・洵とユキ
・「諒お兄ちゃんの声だけ聞こえない。でも…」
・額の傷と縫われた痕、2つの診察台
・名簿のことを言わなかった→諒を少しは信じてみる気になった


後、マ王で何個かわかったことがあるので書き出しとく。
・A潜在…ペルソナに覚醒した人物。現在判明しているA潜在のほぼ全員が高校生で、先天的なペルソナ使いだということが推測される
・特A潜在…A潜在の中でも特に強いペルソナを持つ者。諒、慎など
・先天…先天的にペルソナに覚醒しているA潜在たち。諒のように自由自在にペルソナの力を使える者はきわめて稀。通常は慎のように無意識下で発動するか、強引に引き出されない限り発動すらできない者がほとんど
・マレビト…複合ペルソナの使い手たち。諒や慎を「先天」と言っていることから、本来ペルソナの能力を持たず、後天的に能力を得たことが推測できる
・複合ペルソナ…マレビトたちが使う特殊なペルソナ。人為的に作られたペルソナの可能性が高い
・無気力症…A潜在以外がマレビトの持つペルソナに「抜かれる」ことにより起こる。影抜きを受けた者も症状こそ軽いが、無気力症と似た症状に陥るらしい
・リバース…A潜在が、ペルソナを強引に「抜かれる」過程でリバースとなる
・影抜き…何らかのエネルギーを抜くこと。A潜在は例外なく上手かったらしい

関連記事

 アニメ,アニメ感想,Pts,

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。